胃カメラ

胃カメラとは

胃カメラとは

胃や食道、十二指腸の粘膜を直接観察できるので、ポリープやがん、潰瘍、炎症を早期の段階で発見可能な検査方法です。また、検査中に疑わしい部分の組織を採取することもできるため、確実な診断に結びつきます。

胃カメラというと苦しい検査というイメージが以前はありましたが、現在は大幅に負担を軽減した苦しくない検査が可能になっています。当院では、スコープの直径がとても細く、制度の高い最新の検査機器を導入し、洗練された検査手法を取り入れ、熟練した医師による検査で苦痛のない検査を行っています。
早期発見には、定期的な内視鏡検査が不可欠です。ぜひご検討ください。

最新内視鏡システム

最新内視鏡システム

当院では、内視鏡の分野で世界のトップを走るオリンパス社の最新内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】を導入し、精緻な検査で早期発見・早期治療へとつなげています。

経胃内視鏡

経胃内視鏡のご案内

経鼻胃内視鏡検査は予約制となっています。
下記の曜日と時間に予約ができます。

月~水・金曜日 木曜日 土曜日
8:30 8:30 8:30
9:00 9:00
9:30 9:30
10:00 9:00
10:30 10:30
11:00 11:00
11:30 11:30
12:00 12:00
(予約方法)
  1. 胃レントゲン検査にて要精密検査となった方、他院にて胃内視鏡をすすめられた方はお電話にてご予約できます。内視鏡にあたっての予約票、説明書、問診票、注意事項の用紙をFaxいたします。
  2. 症状のある方(胃痛、吐き気、胃もたれ、食欲不振、胸やけ等)はできるだけ詳細に、問診・診察をしますので、一度ご来院いただき、その上で内視鏡検査をご予約ください。
    検査にかかる費用:健康保険、3割負担の場合・・・約4,600円(初診料+検査料)
    (用いる薬剤により多少費用が変わります。また、組織検査を行う場合は、別途費用がかかります。)
①経鼻法と経口法の選択

経鼻で行った場合に、被験者の約5%に「鼻痛があるため、経口の方が楽。」と言われる方がおります。経口法をご希望の場合は、あらかじめ申し出て下さい。

②ピロリ菌の検査について

内視鏡で胃の中を観察すると、ピロリ菌感染があるかどうかが判断できます。ピロリ菌感染があると考えられた場合には、引き続きピロリ菌の感染診断の検査を行います。検査は、血清抗体・尿素呼気試験・組織生検等のいずれかで行います。

(注意)

すでにピロリ菌の検査を行っている方、或いはピロリ菌の除菌治療が済んでいる方は、あらかじめ申し出て下さい。

経胃内視鏡について

胃がんや食道がんなど消化器系のがんは、バリウムによるX線検診では早期がんの発見率が低く、早期のがんの発見のためには内視鏡検査が重要とされています。しかし、これまでの内視鏡では、咽頭反射に伴う苦痛や不快感のため受診者の恐怖心があり、受診率が上がらないことが難点でした。
当院では、オリンパス社製の最新経鼻内視鏡GIF-XP290を用い、安全で苦痛の少ない経鼻内視鏡を行っています。内視鏡先端に超小型CCDを搭載しているため、医師は通常の内視鏡と同等の高画質で観察が行えます。

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

苦痛が少ない

苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

吐き気が起きにくい

吐き気が起きにくい

内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる

会話ができる

検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるので安心です。

又、当院では内視鏡検査中、患者様用に用意されたモニター画面で詳しい説明を聞きながら、ご自身で内視鏡画像をご覧になれます。

当クリニックの上部内視鏡、検査件数

期間:2006年10月~2016年12月
件数:9,928件

当クリニックの上部内視鏡、検査件数

内視鏡の洗浄・消毒について

内視鏡の洗浄・消毒は、患者様を感染の危険から守る上で、非常に重要な作業であります。当クリニックでは、日本消化器内視鏡技師会安全管理委員会の示す「内視鏡の洗浄・消毒に関するガイドライン」の推奨する感染管理を行っています 。

当院における内視鏡の洗浄・消毒の概要

  1. 酵素洗剤による内視鏡外側(外表面)、付属部品、生検かん子の洗浄吸引・かん子チャンネルのブラッシングとすすぎ。
  2. 3.5%グルタラール消毒液に、内視鏡全体、付属部品、生検かん子を10分間浸漬。
    すべての内視鏡チャンネルも洗浄装置を取り付けて浸漬 。
  3. 消毒剤の十分なすすぎ
  4. 70%エタノールによるアルコール乾燥
    (2~4の工程は、内視鏡自動洗浄機で行っています。)
  5. 生検かん子は、さらに132℃ 、10分間の乾熱蒸気滅菌を施行。

以上の工程により、一般細菌(ピロリ菌や食中毒の原因菌等)・抗酸菌・真菌・ウイルス(B型、C型肝炎ウイルス、HIV、パピローマウイルス等)は、完全に死滅・除去できます。

  • この他に内視鏡検査にあたっては、スタンダードプリコーション(標準予防策)を徹底するよう、内視鏡従事者には教育しております。

内視鏡検査を受けられる皆様に

上部・下部内視鏡検査ともに、毎回の検査終了後ただちに、上記の洗浄・消毒作業を行い、万全の体制をとっておりますので、安心して検査をお受けになってください。

料金表

1割負担 3割負担
胃内視鏡(胃カメラ)検査のみ 約2,000円 約6,000円
胃内視鏡検査+病理検査 約3,000~4,000円 約10,000円
胃内視鏡検査+ピロリ菌検査 約2,500円 約7,500円

 

一番上に戻る
TEL:043-272-3213お問い合わせフォーム
口コミを見る口コミを書く